横浜スタジアムのおすすめ座席は内野席?座席別の見え方を確認!

横浜ベイスターズの本拠地である横浜スタジアム。

”ハマスタ”の愛称で地元の人だけでなく、
野球ファンの多くに愛されています。

今回は管理人のおすすめである内野席に重点を置き、
見え方を一塁側と三塁側の両方から写真付きでご紹介していきます!

ぜひ観戦の手助けとなってくだされば幸いです。

スポンサーリンク

気になる内野座席からの見え方ってどんな感じ?

今回管理人のおすすめする座席は内野席です。

という理由は、

・球場の臨場感を最も味わえる

・他球場と異なり防球ネットが貼られている範囲が少ない

・椅子の位置がグラウンドと近いことに加え高さも選手の目線に近い

という他球場にない魅力がたくさん詰まっているためです。

そして同じ内野席でも一塁側(ホーム側)と三塁側(アウェー側)で見え方も異なってきます。

一塁側(ホーム側)

IMG_7054

一塁側からの写真はこんな感じです。

一塁側は横浜ベイスターズ側であるため応援の熱気がすごい印象です。

ハマスタでは外野席と同様に内野席でジェット風船を飛ばすことが可能なので、
臨場感を味わいながら一体感を楽しめることが一塁側の最大の特徴と言えますよ!

三塁側(アウェー側

IMG_9551
三塁側からの写真はこんな感じです。

スポンサーリンク

三塁側では比較的おとなしく野球観戦を楽しみたい方におすすめしています。


また内野席二つに共通することとしては、

・外野席ではできない相手チームのユニフォームを着て観戦することができる

・球場全体の雰囲気を味わえる

というものであり、
内野席に共通する注意点としては、

・強い打球が飛んでくる可能性がある

というものです。

特に浜スタは防球ネットの範囲が狭いため、
他球場では考えられない勢いの打球が飛んでくる危険があります。

事実管理人が観戦に行った際も、
強い打球が女性の方を直撃して担架で運ばれるということも起こりました。
プロが使うボールは”石”と同じようなものなので、
それが直撃したと思うと想像するだけでぞっとします。

よって臨場感を味わいたいが強い打球が飛んでくるのは怖すぎるという方は、
内野指定席AやBは比較的高い位置に座席があるためおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

座席の選択する上でのまとめ
・球場の臨場感を味わいたい方は”内野指定席S又はFA”

・臨場感を味わいたいが強い打球が怖い方は”内野指定席A”

・のんびり野球観戦をしたい方は”指定席SS又はB”

・応援歌を歌ったりして試合を楽しみたい方は”外野指定席”

という風になっています。

ぜひ観戦の際のチケット選びに役立てていただけたらと思います!

最後まで読んで下さりありがとうございました!


合わせて読んでもらいたい関連記事

横浜スタジアムで観戦する際のおすすめ座席や持ち物やコツをご紹介

スポンサーリンク